タイトルイメージ
ヒプノセラピー
♥シュルツの 自律訓練法

ヒプノセラピー(催眠療法)は心理療法のカウンセリングで使われる手法の中で効果的なもののひとつですが、いまだ催眠の原理は神秘のベールに覆われたまま十分解明されずにいるために、多数の人々が催眠に対して、恐怖や間違った認識を持っています。

癒しの空間で行うHypnosis(催眠療法)は、 1932年にドイツの精神医学者J.H.シュルツが考案した、自己催眠法で「シュルツの自律訓練法」と呼ばれています。

乱れてしまった自律神経のバランスを自分自身で整えるための手段として、あるいは、自己改革の手段として、汎く活用されていますが、自己流では技術習得が難しく、実績のある指導者の下でないと習得できないのが実際です。

自律神経失調症の症状は、多岐にわたっています。心身ともに症状が出てしまうのも、自律神経失調症の特徴といえるでしょう。
自律神経失調症に限らず、下記の症状でお困りの方もご相談ください。

あがり症、赤面症、不安神経症、不眠症、お子様の夜尿症、禁酒・禁煙がしたい、食欲のコントロール、ダイエット、心の安定

当店のヒプノセラピー(催眠療法)は、お客様ご自身が、ご自分の希望する内容の暗示文を、ご自分で暗示をかけて、各種症状の改善を図るものです。
催眠状態においても、ご自身の意識と記憶は残されたままですから、怖いものではありませんのでご安心ください。

自律訓練法をマスターすることでストレスをため込まずに毎日をリラックスして過ごせるようになります。

1回2時間程度の催眠誘導法の伝授(¥6,000円テキスト共)概ね1~3回でマスターできます。

このすばらしい技術で貴方の人生を変えてみませんか?

ライン


臨時休業のお報せ
御挨拶
アクセス
初めてご利用の方へ
整体MENU
上海推拿とは
こんな症状:に
推拿の手法
Hypnotherapy
BirthdayPresent
profile
LINK


|戻る|