タイトルイメージ
推拿の手法

こん法施術中

推拿とは、中国三大治療法の鍼灸・漢方・推拿法のひとつで、その歴史は古く今から2000年以上前から治療法として用いられてきました

1 按 法 : 押す
 按法とは、手掌(手のひら)や手根、肘、拇指、そして足などを使い分けて治療する部分それぞれに適切な圧力を与え、内部組織の気の流れを助け、リンパの流れを刺激する手技です。


2 拿 法 : つまむ

  拿法とは、摘む、掴む、挟む、引っ張るといった圧力を加え、血液やリンパの流れを刺激し、筋肉をほぐし気の流れに強く働きかける手技です。


3 揉 法 : もむ

 揉法は、按法の前後、または円を描く動きを加え、筋肉群の緊張をほぐし、「血」の流れを導き、リンパの流出を刺激し、毒素を排出しやすくする手技です。


4 擦 法 : 摩擦する

 擦法とは、皮膚の表面で手を直線上や円上で、揉法よりも広範囲を動かすことによって摩擦熱を起こす動作全般を指し、身体を温かくして循環機能を刺激する手技です。


5 推 法 : 強くなでる

 推法は擦法と似ていますが、手を動かす方向は一方向だけで、力強く激しいやり方もあってリンパの流れを刺激する手技です。


6 振 法 : 振動を与える

 振法とは、手を小刻みに揺らすことで組織に振動を与え、気の流れをよくする手技で、主に腹部の治療に使います。


7 一指弾推法 : 親指の屈曲

 親指を使って、ツボに強い刺激を与え、気のバランスに対して鍼治療を同様の効果を与える手技です。


8 断 筋 法 : 筋肉をほぐす

 断筋法とは、筋肉や筋肉群を垂直方向に強く慎重に押し出し、引っ張って切るような手技で、筋肉のリラックス効果や気の流れの促進を行なう手技です。


9 こ ん 法 : 転がす

 こん法とは、手の甲を転がす感じで局部に刺激を与え、気の流れを活発にし、筋肉や腱を伸ばす手技です。


10 揺 法 : 関節を回す

 揺法とは、肩、股関節、足首、手首を回し、関節の動きを滑らかにし、痛みを和らげる手技です。


11 抖 法 : 四肢を揺らす

 抖法とは、腕と脚を前後に揺らし、関節の周りを取り組んでいる筋肉を伸ばし、関節部分の血液を刺激する手技です。


12 ぽ ん 法 : 押しながら引く

 ぱん法とは、同じ力を同時に反対の方向(例えば、ある場所を引っ張りながら、同時にそこから離れた場所を押す方法)に加え、筋肉の緊張を和らげ、関節の可動性を高め、身体の柔軟性を高める手技です。

臨時休業のお報せ
御挨拶
アクセス
初めてご利用の方へ
整体MENU
上海推拿とは
こんな症状:に
推拿の手法
Hypnotherapy
BirthdayPresent
profile
LINK

ライン
||| 戻る |||